電音の歩み

電子楽器を中心とし、ものづくり関係も含めて紹介していきます。

EuroRack版 山下シンセプロジェクト(VCAその0) 仮のVCA基板をでっち上げました。

本プロジェクトの相棒の伯氏が、下記の機器持ち込みテクノミーティングに参加するそうです。

テクミー(technopop meeting)〜持ち寄り機材セッション♪

今回のプロジェクトのモジュラーシンセをぜひお披露目してほしいのですが、

今のところできているのは、VCO, VCF, EG と伯氏作のMIDI-CV/DCO で、基本モジュールではVCA が足りません。

 

ということで、急遽、仮VCA を作りました。

伯氏の希望により 6HP 幅です。

ただ、VCAは12V 設計もまだでもちろん基板はありません。 

 

f:id:hhh_yama:20170716232123j:plain

 

使用した基板は「伝説の・・」の「今作るなら」用のVCAをテストした際に発注した基板です。テスト用なので箔カットして回路変更が容易に出来るようベタアースはつかっていません。

 

EUROパネルに対応した物ではないので、ボリュームとジャックはどちらもパネル直づけタイプを使い、パネル裏で直配線をするしか有りません。

写真を見ると直配線の様子が良く分かります。

 

本プロジェクトで採用しないことになった基板付けでないボリュームとジャックは、多数あるので躊躇無く使えます。

 

しかし、やってみるとよく分かりますが、パネル裏でのケーブル直配線は、難易度が高く大変時間が掛かります。ひさしぶりに大変さを思い出しました。 本プロジェクトの基板が、製作の難易度を下げていることを実感する良い機会になりました。

 

f:id:hhh_yama:20170716232048j:plain

 

基板の固定は、安易ですが、エポキシ接着剤でボリュームに基板を接着しています。

うまく垂直に固定できました。

 

f:id:hhh_yama:20170716232107j:plain

 

これで、伯氏も使ってくれるでしょう。

 

ついでにパラ接続ジャックパネルを作りました。

これも、ちゃんとした基板を作る予定ですが、多数余っている基板直づけジャックを使って作ってみました。

予想通りジャック抜き差しの力を支えるのは、アクリルパネルに垂直に固定された基板です。

基板無しでは強度不足になります。 8HP程度有れば何とかなりそうですが4HPでは無理です。

ということで、2mmアクリル2枚で補強しました。

 

f:id:hhh_yama:20170716232307j:plain

 

 

f:id:hhh_yama:20170716232317j:plain

 

これも暫定版ですが、役に立ちそうです。